RECRUIT

採用情報

社員紹介:E.K さん

メインビジュアル

■ 業務系SEからインターネット業界へ

私は技術者として中途入社でしたが、それまで業務系システムエンジニアで、インターネット業界は初めての経験でした。なので、転職活動の会社を絞る基準は、業界未経験な私のモノ作りへの情熱が実現できるかどうか。面接を担当してくれた社員の方は、むしろ逆にその情熱を引き出してくれました。今思えば、きちんと対等な目線で面接をし、フィットするかどうかを慎重に判断してくれていたのだと思います。結局の決め手はそんな社員の方の人柄でした。

■ 人が好き

私はエンジニアです。ですが、プログラミングをバリバリするわけでもない、設計もバリバリでもない、技術力もバリバリ高いわけでもない。誰かに助けてもらわないと、一人では何もできません。だからこそ、チームのメンバーの強みを良く見て、役割を定め、会社の技術開発部として最大のパフォーマンスを発揮できるように手配し、みんなで目標を実現する。これが私の最大のモチベーションです。だから人が大事です。どうやったら皆が気持ちよく働けるかを日々考えています。先日も上司に簡単な報告したうえで、人事部に人材に関する新しい制度の相談をしたのですが、すぐその場で「いいね、すぐやろう」と言って頂けて。そんなところも当社らしい良さだと思っています。私の原動力は、「人が好き。」に尽きます。

画像

ボトムアップ大歓迎!

かつて大手Sier企業に在籍していましたが、そこはトップダウンから全てが始める。一方当社はベンチャー企業なのでボトムアップでやりたいと思ったことがクライアントも社内にも影響を与えすぐにカタチになっていく、それが実現できるとても良い環境だと思います。技術者であれど会社の仕組みにも意見を言いたい、または関心の高い人にもとてもフィットする会社だと思います。

■ そしてこれから

私の業務は入社当初からプロジェクトマネージャー職です。最初は1クライアント専属でしたが、今年の4月から技術開発部が機能型組織体系となったため、事業枠を超え、大手遊技機メーカー様案件、為替取引のアプリ開発、そしてこれから世に出る新規の自社サービス事業の開発に関わっています。会社の大方針からブレークダウンした目標をメンバー全員で目指し、そこから生まれた実現のための提案がどんどん形になる。PDCAサイクルに障壁が少ないのが当社の特徴です。そんな環境でこれからも幅広い開発業務に携わって「世の中を便利にする」に貢献していきたいです。